« 読めない冬の天気・・・ | トップページ | 十日町らしく »

2009年1月26日 (月)

カマキリ博士

    

雪が降らない・・・。

  

恐ろしいほどに、shock

ボっこ降りの一時間で10cm積もっていた2~3年前の大雪の頃と比べ、今年の降りには勢いが

   

          ・ ・ ・ 無い。

  

  

天気予報で「大きな雪だるまsnow」が出るものの、以前のような降りにはなりません。

  

これを温暖化の影響?としてしまうのか?

 

 

それとは反対に、海岸部を中心に西日本で大雪になっているところを見ると、集中的に降るはず?の雪が分散されたのではないかと。

 

  

人間が「あ~だ、こ~だ」と騒いでいるだけで、

     これも自然の大きな流れのひとつ・・・なのかな。think

  

  

地元のカマキリはそのことをしっかり分かっていたようで、前にも書きましたがカマキリの卵は膝丈の位置にあったそうです。

  

  

そう、カマキリ(自然)は知っているんですね。

  

その年の積もる雪の高さに合わせて卵を産む位置を決めている。

  

その事に詳しい酒井與喜夫(工学博士)さんを中心に、新潟県建設技術センターによる気象予測(寒波)がこれです。

http://www.niigata-ctc.or.jp/business/enquiry.html

  

残念ながら十日町市の予測データはありませんが、気象庁による1月の日ごとのデータとかなり一致していることが分かります。

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/daily_a1.php?prec_no=54&prec_ch=%90V%8A%83%8C%A7&block_no=0537&block_ch=%8F%5C%93%FA%92%AC&year=2009&month=1&day=&elm=daily&view=

   

昨日が今年一番の冷え込み。

  

日曜日だったのでサスケの散歩も8時半からと、いつもより遅かったにもかかわらず、手がやめる(痛い)

  

この時間でも-6℃くらいだから当たり前か。

  

  

足元は所々凍っていて、

4本足のさすけですらソロ~リ・ソロ~リ。dogsweat01

  

家に着き、水を飲ませようと蛇口を捻るも凍ってるし

  

  

でも、その代わりに天気はめっちゃいい。

P1010085   

    

   

   

   

   

   

     

そんな日曜日でしたが、はるばる糸魚川から来てくれた患者さん親子とラポートでご飯。

  

     

午後からも久し振りに字の如く照らされた神棚と、

P1010078     

   

   

   

   

わらびーちゃんが見守る中、仕事をさせていただきました。

   

   

人の身体を自然の姿になおす。

  

そして、僕自身も自然でありたい。

  

  

身も心も物事を素直に受け入れ、

     対応のできる自然な人間に・・・

  

  

          なりたいな。confident

  

  

  

|

« 読めない冬の天気・・・ | トップページ | 十日町らしく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/27482445

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリ博士:

« 読めない冬の天気・・・ | トップページ | 十日町らしく »