« 薬師岳から地蔵岳へ | トップページ | ああ、八海山 »

2008年11月10日 (月)

鎖場・・・山あり谷あり

    

写真を撮っている間に、みんな行ってしまった・・・。

  

一人残されると、さすがにちょっと焦ります

  

急な岩場を鎖で伝い下り、

少し急ぎ足で岩場を駆け上がるとそこは「地蔵岳」

P1000793     

     

   

    

  

  

  

60代?のご夫婦が一休みしていました。

 

奥さんが旦那さんを気遣ってる様子が何とも微笑ましい。

  

こうして共通の趣味を持ち、助け合っている姿に憧れます。

  

  

鎖場を下り、また登る・・・「不動岳」に。

P1000794    

    

   

   

  

  

そこに祭られているお不動様。

P1000800    

   

   

   

  

  

  

お顔を拝見すると、気持ちがグッと引き締まる。

   「山をなめたらアカン」と。

  

    

ここはかなり高さです。

  

先ほどの「地蔵岳」に「千本檜小屋」が、

更に左側にはロープウェー山頂駅が見えます。

P1000796    

   

   

   

   

   

  

当然、周りの景色も・・・。

遠く十日町市方面を見ると、

P1000795_2   

    

    

   

   

    

 

知らない間に随分と登ってきたモンです。

  

一歩一歩、

ただひたすらに積み重ねて来た結果なんですね。

  

  

そして、目の前には「七曜岳」が待ち構えています。

  

一旦かなり下まで行き、そこからあの高さまで登るのか・・・」

P1000799_2      

     

   

   

  

   

   

「七曜岳」「白河岳」と登り 、

P1000806      

    

   

   

  

  

 

「釈迦岳」から「摩利支岳」を見上げる。

P1000805     

   

    

  

   

  

   

登ってきたぞ、「摩利支岳」

P1000808      

   

   

  

  

  

 

  

剣ヶ峰から「大日岳」へ。

  

P1000809    

    

   

  

  

  

下が見えないほどに鎖で下りる・・・、大丈夫なのか?

  

  

先へ歩いてみると、

  

     「うわーっ!岳(高けー)」

P1000812     

   

   

  

   

  

  

              

  

前の人たち、かなり苦戦している様子。

  

横を見れば谷底に吸い込まれそうな感じ。

P1000810    

   

   

  

   

   

   

鎖場は特に危ないので、先の人が行ってから。

がれきが落ちたりしないように間を空けているせいか、ここまで来る頃には息も上がらず、身体は軽い。

  

  

行ってみて分かりました、その壁の凄さが・・・。

  

先に来ていたご夫婦の女性が90度の壁に怖くて登れなくなっていました。

  

  

不思議と、

「先にどうぞ」の言葉に何のためらいも無く登り始めていた自分。

  

恐怖感よりも、

その先にあるであろう達成感に身体が導かれているのか。

  

  

登った!

P1000813    

    

   

   

  

        

それはまるで難関である鎖場を乗り越え、「ようここまで来れたな」と迎えてくれているかのように石像が立ち、その先にはちょうど太陽と方向を同じくして目的地の入道岳がありました。

  

「あと少しだ」

  

先ほどのご夫婦も決心し、

ようやく登ってこられたようでうれしい限りです。

P1000814

     

  

  

  

  

  

ご夫婦を後に先へ進む。

  

  

P1000815    

   

   

   

  

  

   

   

  

下から「大日岳」を見ると、

先ほどのご夫婦が見えます。 

  

迂回路との分岐点のこんなものが・・・

P1000817    

   

   

   

  

  

とんでもない所を初心者が来たもんだ。。。

  

  

     ・・・最終回へ

  

  

|

« 薬師岳から地蔵岳へ | トップページ | ああ、八海山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/25207071

この記事へのトラックバック一覧です: 鎖場・・・山あり谷あり:

« 薬師岳から地蔵岳へ | トップページ | ああ、八海山 »