« 動き出している | トップページ | ♪あ~ 夏休み »

2008年8月 1日 (金)

笑顔が一番!

  

身体がつらい時

特に痛みを伴っているときの表情 ・ ・ ・ 

     

          despair shock

   

あまりの痛さで顔が「苦痛にゆがむ」と言います。

  

  

そう、「ゆがむ」んです。

 

   

・・・でも、

 

身体のゆがみが改善し、症状が軽減してくるごとにその方の表情は和らぎ、笑顔さえ見せてくれるようにもなります。

  

逆に言えば、

  

笑顔になることで身体に良い影響が生まれます。

  

究極は、がんが治ったり???・・・とかも。

  

 

しかし、気付かぬうちに人は悪い表現をしたり、

  

   時には 怒ったり ・ ・ ・

 

 

つまり、文句や悪口を言ったりしてしまいます。

  

すると、どうでしょう?

  

   そのときの顔の表情は・・・angry

  

力の入った顔は、口を「への字」に曲げてあごが左右どちらかに傾き、左右の目の大きさは変わり、まるで動物が牙をむき出したような顔に。

  

  

そう、「ゆがむ」んです。

  

顔の表情筋が首から胸、肩や背中に伝わり、更には下半身にまで影響が出てきます。

  

それは神経系においても同じことが言えると思います。

   

身体に要らぬ左右不均等な力が入るのです。

  

  

     ・・・だから身体が また「ゆがむ!」

  

  

それに比べて、「笑顔」は?

  

怒りは力が顔の一点に集まり、自分自身の身体だけではなく、周りにまで緊張を走らせるのに対し、「笑顔」は左右の部分が同じようにやわらかく広がり、周りの空気をも穏やかにしてくれる。

  

そう、「笑顔」は自分だけでなく、相手の持っている力も上手く引き出すことが出来るのだと思います。

  

これは患者さんの治癒力を高めることにも役立つことだと思いますし、施術に限らず一緒に取り組むような仕事においても同じことが言えると思います。

 

  

相手が怒った顔より、笑顔のほうが気持ちいいですよね!

  

これは余談ですが、関根勤さんの笑った表情は、お客さん向けに作ったように思えます。

   

本当に笑っているときは、左右同じだと思います。

  

  

だから、やっぱり「笑顔」です。

  

  

     「笑う門に福来るhappy01

  

    

   

|

« 動き出している | トップページ | ♪あ~ 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/22710162

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔が一番!:

« 動き出している | トップページ | ♪あ~ 夏休み »