« 小千谷にて | トップページ | 小さな花が・・・ »

2008年2月12日 (火)

信濃川

   

小千谷からの帰り道。

  

ゆったり蛇行しながら流れる信濃川を・・・

  

     右向こう岸が川口町です。

Dscn3195    

   

   

  

   

   

  

この少し手前で魚野川と合流するため、水量は十日町を流れる信濃川とは全然違います。

    

  

この信濃川を利用した水力発電により、

東京の山手線などが動いているそうです。

  

それに伴い、

十日町地域では発電用の大量取水により、川の水が少なく河川環境が悪化しています。

  

  

ところが、

まだ記憶に新しい中越大震災でこの水力発電が止まっても、

  

     電車は・・・・・

  

          止まらなかった。

   

   

もちろんバックアップがありますが、

   

必要以上に取水 していることが今、大きな環境破壊となっています。

  

 

以前は、沢山のシャケも上ってくるほどだったそうで。

 

小さい頃、友達と川へ手掴みで魚獲りをしたもんです。

   

  

東京電力による「清津川の問題」も大きく関係してることで、信濃川の問題はまだまだ解決しないようです。

  

   

新幹線が通る・通らないで地域格差が生まれるというような内容をTVで取り上げていましたが、都会の便利さのために必要以上に自然が壊れることはとても切なく思います。

   

    

  

外がかなり荒れてきました。

  

この冬一番の寒気だそうで、明日が心配です。

  

  

でも・・・

  

この厳しい冬があるからこそ、

山には雪が積もり、春には融けて地中へ川へと流れていきます。 

   

    

その水により人はもちろん、

  

多くの生き物が命をつなぐことが出来る。

  

  

  

だから大事にして欲しい、

自然の恵みを。

  

  

そして、自分の身体を。。。。。

  

  

今こうして生きてることに感謝して。

  

  

感謝までは「ちょっとネェ~」と言う方は、好きになって。

  

「ん~~~ん、それもー」と言うのであれば、

せめて「嫌い」にはならないで。

  

  

嫌な時には、「ありがとう」ですよ!

   

    

   

   

|

« 小千谷にて | トップページ | 小さな花が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/10461386

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃川:

« 小千谷にて | トップページ | 小さな花が・・・ »