« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月23日 (日)

時の中で

    

巷は気分で一色。

  

妻有ショッピングセンター付近では車が混んで、

     

     「やたらにさわがんね

     (とても思うように動けない)そうです。

  

  

昨日は冬至!

ゆず湯も入らず、かぼちゃも食べ損ねました。

  

一人飲みすぎ、SPも見逃しました。

明けて今日は天皇誕生日です。

  

     おめでとうございます。

  

  

今日も休まず、しんそう越後はやってました。

 

途中であきらめない方のために、

年越しをできるだけ楽な身体で迎えてもらえたらと。

  

  

ある方の調整後、外を見るとまだ明るい!

昨日が冬至だからって気のせいか。

Dscn2984    

    

   

   

   

   

  

5時を過ぎてようやく真っ暗になりました。

  

これから少しずつ昼間が長くなる中、

一年で一番あわただしい時期を迎えます。

  

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と余裕が無いかもしれませんが、何より今日という日に、

  

     「ありがとう」

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月21日 (金)

100 km

   

小千谷からの帰り道・・・

  

雪峠から見る大きく蛇行した信濃川。

Dscn2963    

    

   

    

   

   

   

  

   

さあ、十日町に帰るとしますか。

  

天気が悪いせいか、暗いな~。

まだ1時過ぎなんですけど。  

Dscn2964    

    

   

   

   

  

その後、総距離100キロを無事十日町まで。

  

午後一番の予約にギリギリセーフ。

  

  

しか~し、来ません???

  

   5分・

   

      10分・・

  

          15分・・・

   

    

電話してみました。

  

「フハ~イ」と寝起きの声が。。。

  

     「ハッ、スミマセ~ン」

  

福祉関係の仕事をされ、

不規則な生活で毎回かなりの睡眠不足。

    

おまけに目覚ましをかけ忘れていたそうで。

  

  

「おやすみなさい、

   ゆっくり休んでください。」

  

後日、その方はきちんと予約の時間に来られました。

  

  

睡眠不足の直接的な解消にはなりませんが、身体が揃って楽になるお手伝いができれば。

  

  

少しでも役に立つことができれば、

100キロ走った甲斐があるというものです。

  

     

     ありがとうございます。

   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

ふ~ッ、ちょっと休憩

   

今日は、

昼間いっときだけ

  

「いやんべだっけのし。」

Dscn2967    

    

    

   

   

   

   

   

雪もまた少なくなりました。

  

・・・と、言って喜んではいけません。

  

  

雪を相手に仕事をされてる人にとって

  

          深 刻 な問題です。

   

  

スキー場や温泉などの観光業、除雪に関わる人たちにとっては当てが外れてしまいます。

  

かと言って以前のような大雪では、山間部の集落が孤立したり、雪下ろしを待つ一人暮らしの高齢者にとって不安な毎日を送らねばなりません。

  

融雪の家では、一ヶ月の灯油代が10万円を超えたそうです。

  

    

ピーク時には、2~3日おきに雪下ろしをしました。

周りの雪が屋根より高くなり、まさに雪掘りです。

 

  

さらに、

今年は灯油が高い!

去年より1リットル当たり20円も。。。

  

この値段、

18リットルのポリタンク×3 だと

去年の約×4ポリ分です。

  

家の暖房はもちろん、

融雪の家にとって冷や冷やもんです

   

   

      

   雪・・・

  

作物などの自然の恩恵を受ける地域にとって雪が大切な水となり、山々には山菜等が芽を出し、当たり前のように自然を味わうことができる。

人にとっては厳しい冬があるからこそ、より一層春の訪れに喜びを感じることができる。

 

自然の恩恵を感じる瞬間。

  

  

   厳しいからその分、

   

          やさしさを感じる。

   

  

     自然と共に生きていると。。。

  

  

だからこの地を離れない。

 

  

  

十日町は、「ふるさと」

  

自分が一番落ち着くところ。

   

   

この地に生まれたことを受け入れて、

  

この地に生まれたことに感謝して・・・

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

70/100 ㎞

    

小国もまだ雪は少ない。

Dscn2954   

   

   

   

  

   

渋海川を渡ります。

Dscn2956    

   

   

   

   

   

目の前の峠を越えれば小千谷市です。

  

全長約2キロの桜町トンネル。

Dscn2958    

   

   

   

 

   

このトンネルができる前は、さらに上って

カーブのきつい細~い道を行きました。

Dscn2957    

    

    

    

   

   

  

       

長さは短いものの峠のトンネルは狭く、先を見渡し大型が入り口で待つなどトラックなどですれ違うときは超緊張します。

  

雪が多いとスリップして上れない車。  

壁に突っ込んだ車など見かけたものです。

  

トンネルを抜けると見えてくるのが、中越地震の時に避難所の中継でよく見た小千谷市総合体育館です。

Dscn2960     

    

    

   

    

一時は3000人もの被災者が避難していたそうです。

  

当時は、すぐ横の施設が災害ボランティアセンターでよく通ったものです。

総合体育館にも「しんそう」の先生方と1度お邪魔しました。

  

  

出張先へ向かいます。

Dscn2961    

   

   

   

   

   

   

   

   

小千谷インター付近。

  

大型店が建ち並び、以前と大きく変わりました。

  

  

十日町より「派手」です。

  

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

走行距離 40/100 km

  

十日町市から柏崎市へ・・・

  

Dscn2947_2    

    

    

   

   

    

柏崎。。。

Dscn2948    

   

   

   

   

   

人工地震を起こす車両(反射法地震探査)

Dscn2949    

   

   

   

   

   

昨日で5ヶ月が経ちました。

Dscn2953    

   

   

   

   

   

地震による傷跡に

     「ゴミ」が捨ててあります。

          ・

          ・

          ・

          ・

          ・

旧小国町(現在は長岡市)へ向かいます。

   

    

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

共に歩んだ道のり

  

2007年、12月3日。

  

10年目にしてこの時を迎えました。

Dscn2927    

   

   

   

   

   

間もなくその時がやってきます・・・

  

  

Dscn2928_2    

   

   

   

   

   

10万キロに到達!

  

記念に何か周りにないだろうか?

   

  

     何も無い。。。

  

  

あえて撮るならこれかな・・・ 

Dscn2929    

    

   

   

  

   

  

    

   

バス停。。。

  

更なる上を目指し、

発車します。

  

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

良いお年を・・・

   

今年も、

「アッ!」と言う間に12月となりました。

  

「今度来れるのは、雪がとけた春に」

  

帰られる方をお送りする言葉に、

「お大事に、良いお年を」

  

    

明日は、12月3日。

  

年末に向けて、

「1・2の3 ダー!   杉山」

と弾みをつけて楽しみましょう。

  

    

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »