« 出番です | トップページ | ボランティア活動  午前の部 »

2007年8月 6日 (月)

ボランティア活動 椎谷(柏崎市)

 

話がとても長いです。

あらかじめご了承下さい。

  

少しでも雰囲気を感じていただけたらと思っています。

  

  

8月5日(日) 天候は曇り

  

本来なら海水浴客で車が多いはずですが、

柏崎に向かう道路は空いています。

  

9時過ぎ、ボランティアセンターに到着しました。

  

すでに待機用テントは人で一杯です。

その周りにもたくさんボランティアの人が集まっていました。

  

前日に「ニーズ」が出ていたので、

そのまま本部に向かい説明を受けました。

  

話し相手として女性二人と一緒に避難所へ向かうことになり、最初の仕事が「マイしんそうカー」にての搬送です。

  

海岸線は通行止めのため、迂回しながら30分かけて到着。

  

すぐ目の前はです。

  

しかし、賑わいはありません。

  

車から降りると、

潮風らしさを感じさせてくれます。

  

中に入ると16畳ほどの和室で、

子供たちに紙芝居を見せてくれているボランティアの方。

  

その子供たちの側には、お世話をしてくれている

東北福祉大学 のボランティアの方が。

http://www.tfu.ac.jp/

  

  

部屋の後ろで女性が待っていました。

聞けば91歳だそうです。

  

地震で床が下がっていて、座っていても変な感じでした。

  

しんそうを始めていると、

一緒に来た女性も年配の男性と会話を交わしたり、

子供たちと折り紙遊びをしているようでした。

  

ちなみに避難所には、4人の方が寝泊りしているそうです。

  

ただ日中は、子供たちの遊び場であったりもするのでとても賑やかです。

  

  

状況が状況なので、落ち着いて出来ない時があります。

  

お昼の準備や、子供が居ない? 

「○○ちゃん呼んで来てよ」なんて言いながら・・・

  

  

そして思わぬ誘いがきました。

  

「一緒にご飯を食べませんか」と。

  

   

それは、自衛隊の炊き出しです。

  

まだ、ガスが復旧していないのです。

  

先日の台風5号の接近により、「炊き出しテントが危ない」ということで一時避難所を離れていたそうですが、今日また再開したとか。

  

気になるメニューは ・ ・ ・ ・ ・

  • 透明のトレイ(10×20)に ご飯
  • 同じくトレイに 野菜炒め(ウズラの卵入り)
  • 小さいおわん型カップに 煮物(コンニャク、はんぺん・・・)
  • どんぶり型のカップには 味噌汁                           (たまたま具が少なかったようで分かりませんでした。)

味付けは全体的に濃い目です。

  

部屋では7~8人の年配の方と一緒に食べさせてもらいました。

  

近くに座った女性の人たちが、

「自衛隊の人は上手だね~」と言っていました。

  

ガスが使えないために自炊が出来ないけど、

こうして自衛隊のお陰で温かいご飯が食べられる感謝の気持ちですね。

  

イヤでも美味しかったですよ、ホント。

貴重な体験でした。

  

中には歯が悪くて上手く食べられず、ハサミで小さく切りながら食べていた男性も居ました。

  

その炊き出しも10日までだそうです。

  

ガスの復旧が間に合うのだろうか?心配です。  

  

それと、

どうしても容器など大量のゴミも出てしまいます。

  

暑さもあってか、ハエも気になるところです。

    

お昼をご馳走になっってから隣の遊技場?では午後からのイベント「バルーンアート」の手伝いもさせてもらいました。

 

と言っても、

膨らませた風船の口を結ぶだけですが。。。

  

そうこうしている内にお呼びがかかりました。

  

午後の「しんそう」再開です。

  

     しんそうパワーです。

  

「近所の人も呼んでくるわ!」と

あっという間に3人も並んでいました。

  

天候も良くなり、かなり暑くなってきました。

 

例の「アメリカから配給されたエアコン」が近くにありましたが、それでも汗びっしょり。

  

お互いちょっとペタペタでした。

  

    

もうすぐ3時です。

スイカまで頂きました、ご馳走様です。

  

帰り支度をして部屋に戻ると、もう一人お待ちでした。

  

     了解です。

  

曲がった背骨も真っ直ぐ、正座も楽に!

  

帰りはわざわざお見送りもしていただき、

それぞれ3人が少しでもお役に立てたことを実感しセンターに向かいました。

  

車の中でこんな話しが・・・

ガスが使えないのでお風呂に入れない。

  

一応近くの温泉に招待バスも出るそうですが利用は年配者が多く、家の片付けなどで入れない人はペットボトルに水を入れて日なたに置いておき、それをシャワー代わりにするんだそうです。

  

いざとなると、いろいろ工夫しているようですね。

  

センターに戻ると活動内容等、報告書を書いて終了です。

  

皆ががんばった顔をしています。

きっとたくさんの「ありがとう」があった事でしょう。

  

「お疲れ様」と言うことで、牛丼の炊き出しを頂きました。

  

あすの予定を確認。

  

午前中にマッサージ!?の依頼があり、

「4~5人を二人で」という事です。

  

十日町への帰り道、鳥とくさんでから揚げを購入。

 

日曜日もあってか、次から次へと車が止まります。

  

  

家に到着し、自分を調整・・・・・

  

     30分ほど爆睡してしまいました。

  

  

明日もがんばるぞ!!

 

  

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

      

     刈羽村災害ボランティアセンター

          0257-45-2316

   

          しんそう越後十日町

     _______________

    

|

« 出番です | トップページ | ボランティア活動  午前の部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/7440338

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティア活動 椎谷(柏崎市):

» 人生が100倍楽しくなるネットでの稼ぎ方緊急講座 [時給800円のフリーター]
「ネットで稼ぐことは簡単なんだ!」 30歳を過ぎたなんのとりえもない男でも、ネットで○○○○が出来ることさえ知ってしまえばそう言います。あなたもそのコツさえ知ってしまえば月収40万円くらい稼ぐことはいともたやすく実現できてしまうのです。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 01時55分

« 出番です | トップページ | ボランティア活動  午前の部 »