« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

人として

  

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

   

          しんそう越後十日町

     _______________

 

帰りは市街地を避け、裏道を走ります。

  

ここでも幾つもの家が倒壊しています。

  

  

業者が解体していた所は、まだ1~2件ほど。

  

ほとんどの家がそのままの状態です。

   

  

仕事柄かいろんな人から話を聞きます。

  

  

  

     「地震様様。。。。。」

  

   

ある業者が口にした言葉らしいです。

  

  

     この倒壊した家の前で、

  

     倒壊した被災者の前で、

  

その言葉を言えますか?

  

  

     「 地・震・様・様 」

   

        

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

西山町といえば・・・

  

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

   

          しんそう越後十日町

     _______________

  

十日町を出発してから

柏崎市街地 → 刈羽村 → 西山町(柏崎市)

  

時刻は午後1時半になろうとしていました。

  

  

     西山町(にしやまちょう)

  

最初に報道で聞いた時、ピンときませんでした。

  

「にしやままち」の間違いじゃないのかな?

  

調べてみると、

2005/5/1 柏崎市に編入合併し、

にしやまちょう(西山町)に変わったようです。

  

ここ西山町といえば、何といっても有名な人物・・・・・

     

     田中角栄さん。

  

海水浴の帰りに角栄さんの生家を見たことがあります。

その生家も今回の地震で大きな被害を受けたそうです。

  

西山町のボランティアセンターは西山町役場に隣接する

いきいき館(福祉センター、保健センター)にあります。

  

同じ様に受付を済ませ活動内容を説明すると、

避難所となっているこの施設でニーズがあるか聞いてみますとのこと。

  

ボランティアは避難所への立ち入りは出来ないようです。

  

しばらく待っていると、係りの方が申し訳なさそうに

     「今のところまだ・・・」

  

「少し待っててもらえますか」と、

テント内の椅子に腰掛け二時間近く。

  

   

そこでもやはり他にも仕事を待っている方が居て、

「朝から一件しかしていないのよ」と話が聞こえてきます。

  

「せっかく来たんだから何か無いかな~」とも聞こえてきます。

  

 

天候は曇り、次第に海風のせいかTシャツ一枚では寒くなってきました。

  

それでもこの間、

3件ほどの依頼があったようです。

  

さすがに住宅の被害状況を示す赤紙(危険)が張られた家には住人以外が入れないそうで、持ち出した家財などの運搬を手伝うようです。

  

  

そのうち朝から出ていた人たちでしょうか、車で帰ってきます。

  

3時を過ぎると作業が修了のようで、

これから迎えに行くらしく車が数台出て行きました。

  

今日は、残念ながら依頼が無いようです。

  

帰ろうと受付に行くと地域福祉課の方と話しが出来、

避難所では保健士さんが被災者の需要を受けているそうで

この話を通してくれるそうです。

  

福祉課の女性、

地震後から休まず活動しているらしく、

目の下にはクマが出来ていました。

  

「スタッフの方にも しんそう しますよ」と。

  

  

さらに、

「ボランティアでしんそう療法(方)」を受けられます」

とのお知らせも作ってくれることになりました。

  

大きな避難所では被災者の要望が比較的反映できるけど、

少人数の所はなかなか行き届かないそうで、そういう所にもお願いできればと。

  

困っている人がいるなら、

どこでも行きます!

  

  

「役に立てるかも・・・」

  

必要も無いのに車まで走っていきました。

  

  

外では自衛隊の方を中心に夕飯の炊き出し準備が始まっていました。

  

  

参院選が終わりました。

自民党の敗北! 

  

  

戦争のための自衛隊ではなく、(表現が悪いかもしれませんが)

  

国民のために自衛隊の必要性は欠かせないと、

各地で起きている大きな災害のたびに痛感します。

  

  

若い女性の自衛官も居ました。

  

何やら仲間たちと盛り上がっています。

  

 

キャピキャピの自衛官もありかな。。。。。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刈羽村へ

  

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

   

          しんそう越後十日町

     _______________

  

大きなお店が連なるR8を進み、まもなくR116に入る付近からまたも多くの家が倒壊しています。

  

本当にペシャンコ。

  

R116も少し波打っています。

  

道中コンビニに寄りましたが普通に営業しています。

浮き輪まで飾ってあります。

  

本当ならこの時期、

海水浴客で賑やかなはずなんです。

  

そう、

ここは柏崎刈羽原子力発電所がある村。

 

左に見える山を越えて海に向かうとそれはあります。

    

  

紹介された所に到着。

柏崎のボランティアセンターから7キロほどの所。

  

「刈羽村社会福祉協議会」

  

テントが無い?

 

恐る恐る玄関に行くと男性が二人・・・

  

事情を説明した所、

今は他の団体さんが活動していて間に合っているそうで。

  

職員の方もしてもらったとか。

  

「近くの避難所に行けば、きっと並ぶわよ」と、

ここでも役場での登録がまず必要だそうで。

  

役場に行くと、

最初に名前・住所・電話番号を記入。

  

中に通されて話を聞くと、

やはり「ニーズが無い」と言う。

  

しかも、

土地柄か週末は親戚や知人の人が駆けつけボランティアも余っている状況だと。

  

確かに以前も少し問題になりましたが、

全く知らない人が家に上がり必要なものまで捨てられて困ったと言う話もあります。

  

さらに柏崎のボラセンとは少し違うようで、

登録して・・・・というのはなく、

「その都度来て頂き、二ーズがあれば」と言うことでした。

  

 

さらに、5キロほど先の西山町に向かいます。

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

柏崎に到着

       

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

   

          しんそう越後十日町

     _______________

  

ガタガタの道を進み、いよいよ市街地へ入ります。

 

R252から北陸自動車道の下をくぐり少し進むと、

 

道路脇の家が倒壊しています。

  

また一軒。

  

また一軒 ・ ・ ・と、大屋根が地面にひれ伏した状態です。

  

  

警察や自衛隊の方が目立ち始めました。

  

柏崎災害ボランティアセンターに連絡を取ったところ、

自分が役に立ちたいニーズが今のところ無いとのこと。

  

新潟県中越大震災の時もそうでしたが、

ボランティア活動の状況が全く分かりません。

  

「今後のニーズに応えるためのも登録が必要だ」と言うことで、

地図を頼りにセンターに向かいました。

  

  

テントが幾つか並んでいます。

  

団体の人、業者の人、個人の人・・・・

  

ボランティアから帰ってきた人、

これから現場に向かう人、

役に立ちたいと仕事を待っている人。

  

どうやら先日聞いてたように、

駆けつけるボランティアの人数に対して依頼が少ないようです。

  

とりあえず登録しました。

  

依頼があれば連絡が来るらしいです。

  

「ここのセンターでは現時点で依頼が無いけど、

刈羽や西山ではあるかもしれないのでそちらに行ってみては」と。

  

一応、片付けも出来る用意はしてきましたが、

まだ仕事を待っている方も居ますし、

もしかしたら誰かが待っているかもと思い刈羽、西山に向かうことにしました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月29日 (日)

いざ柏崎へ

 

   しんそう越後十日町は、被災された方の応援をします。

  

避難所での窮屈な生活や、以前からの辛い症状でお困りの方は、

しんそう療法(方)で元気な身体を取り戻していただければと願っています。

   

しんそう療法(方)は、痛くありません。

揉んだり叩いたり、ボキボキは一切しません。

   

ご要望の方は、それぞれのボランティアセンターか常駐されている保健士さんに申し出てください。

  

もちろん、ボランティアとして身体のゆがみを調整いたします。

  

     柏崎市災害ボランティアセンター

          0257-21-4122

  

     柏崎市災害ボランティアセンター西山

          0257-47-2505

   

          しんそう越後十日町

     _______________

  

7月29日(日)

十日町を10時に出発。

  

事前の調べでは、現地への車の乗り入れは控えてシャトルバスを利用して下さいとのことでした。

  

十日町市から直接ボランティアバスを出す予定も今のところないという話。

  

  

今朝、近くのはだけ(畑)に来た方が昨日左官の技術を活かしてボランティアをしてきたと聞きました。

  

余りにひどくて、

めじょげ(かわいそう)だっけて」

  

思い出しました ・ ・ ・ ・ ・

 

     「動きなはれ!」

   

  

・ ・ ・ ・ ・ 決めました。

  

  

7月16日(月)

新潟県中越沖地震!

  

あれから2週間が経とうとしています。

  

地震後の18日(水)には、一度市街地の手前まで伺ったことがあります。

  

その時はまだライフラインが全く復旧しておらず、交差点では互いに譲り合いながら走行していました。

  

たくさんの電気関係の業者が出来るだけ早い復旧に取り組んでいました。

  

後で聞けば、その日のうちにかなりの世帯で電気が復旧したそうです。

  

  

とある避難所では、

  

朝はレタスにドレッシング。

夜は塩か味噌のおにぎり “どちらかひとつ。”

  

トイレは仮設で、しかも数が少ない。

  

行きたいのに我慢をする。

  

寝る所は、フローリングにゴザを敷いて掛け毛布が一枚。

  

年配の方や腰の痛い方には拷問です。

  

悪気は無いけど、子供たちが走り回り床に響いて落ち着かない。

  

寝言やイビキ、突然 認知症の方が叫んだり・・・・・

  

  

「早く自宅に帰りたい」と言っていました。

  

  

壊れた家、電気も点かない中で泊まる人。

  

車で寝る人 ・ ・ ・ ・ ・

  

  

来る道中、倒壊した家は見えませんでした。

  

田んぼやはだけに出ている人も・・・。

  

  

報道であったような現場は、まだ見えてきません。

  

  

正直、怖くて見れません。

  

しかし、塀は傾き崩れ落ち、屋根瓦が壊れた家もいくつかありました。

  

一見大きな被害な無いような家でも中に入ると被害の大きさが分かります。

  

床は傾き、鴨居が下って戸が全く動きません。

  

壁は所々崩れ落ち、家と地面の間に亀裂もあります。   
  

  

  

甚大な被害に、

どう言葉をかけていいのか見つかりません。

  

 

帰り道、

3年前のことが鮮明によみがえりました。  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

不自然

  

   

昨日は、

5日ぶりに晴れました。

  

信濃川(川西町)の方を見ると、もやがかかっています。

07724    

    

   

   

   

  

丁度 山(城山)が隠れています。

  

それでも、もやから頭が出ている構造物 ・ ・ ・ ・ ・

  

手前の鉄塔とは比較にならない大きさ。

     

新潟県中越沖地震で大きな被害が出ている柏崎。

  

連日報道される被災者の様子と同時に、大きな問題となっている柏崎刈羽原子力発電所から関東への送電鉄塔です。

  

  

昔は、学校の授業でよく写生に出掛けました。

  

  

んぼに信濃川の河岸段丘の山々・・・

  

1970~80年代、

景色はそれでも自然でした。

   

   

確か僕らが高校時代に建設が始まった。

  

大きなのもが次々と建っていく。

  

景色が寸断されていく気がしました。

  

それは、

鉄塔が山の尾根を渡り歩いているかのよう。

  

  

電気。。。

  

無くてはならない不可欠なもの。

    

  

だからこそ ・ ・ ・

  

  

ライフラインの早期復旧を願っています。

   

   

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変です。

  

先週、

新潟県中越沖地震の次の日くらいから、ここ「しんそう越後十日町」がある建物の駐車場は目茶目茶混んでいました。

  

何故かと言うと、

一階にあるコインランドリー「しゃぼん」さんに柏崎から家族連れで大勢来ているんです。

  

  

     1時間ほど掛けて。

  

  

中越大震災の時もそうでしたが、近くにある温泉施設が一定期間無料で入浴できたんです。

  

  

今回は柏崎に甚大な被害が発生し、断水が続いて入浴や洗濯も出来ません。

  

ここに限らず十日町の各施設、上越や長岡方面も混雑したことでしょう。

   

  

幸い電気は18日頃から復旧し始めてたようですし、水道も半数以上復旧したためか今週はだいぶ落ち着いてきたようです。

  

   

それでも今朝のように余震が来ると、やはり気は抜けませんね。

  

特に避難所に居る方は、不安と疲れで大変辛い思いをされていることだと思います。

   

   

最近の地震情報を見ていると、同じ地域が続いています。

     Yahoo!地震情報

  

フォッサマグナの活動が盛んなのでしょうか?

  

  

大きな地震や余震が来ないこと、

被災者が少しでも熟睡できますように。。。

    

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

10時13分

   

7月16日

今日は海の日です 。。。。。。

  

が、午前中だけ「しんそう」の日です。

10時予約の女性が見えました。

 

「はだけ(畑)の草取りすると、

     次の日足腰が痛くて何にも出来ねやん」

  

「だいも手伝ってくんねんだんがそー」

(誰も手伝ってくれないのよ)

  

そんな話をいつものように交わしながら

「しんそう療方」の検査を。

  

ゆがみの形が確認できました。

  

   今日は、先ずは足から ・ ・ ・

 

  

足元がムズムズ。

  

     来たか!?

  

          まさか?

  

えっ!

     デカイ地震だぁぁああ~

  

      ズゴゴゴゴゴ

  

仰向けで寝ていたご婦人が身体を起こしたと同時くらいに棚の物が落ち、

立て掛けてあった鏡も倒れました。

Dscn2356   

   

   

   

   

長い横揺れが続きました。

  

治まりかけた頃に2回目が。

  

人間、極限になると映画のように寄り添うものなんですね。

  

     静まった!?

  

窓から下を見ると、池の水がかき回した様に大きくうねっています。

  

これはもう、

ここには居られません。

  

  

     退避!

  

Dscn2357   

   

   

  

  

  

車で患者さんを送る。

道中、たくさんの人が家の外に出ていました。

  

無事に送り届けて

ようやく心配だった自宅に。

  

近所の人も出ていました。

  

幸い誰も怪我をしていないようです。

  

自宅に入ると ・ ・ ・ ・ ・

 

姪っ子家族も集まっていました。

  

     大丈夫。

  

食器棚の扉が開き、幾つか割れています。

  

テレビは動きましたが、今回は台から落ちていませんでした。

  

壁はと言うと、

新たな亀裂と修復した所がまた破れて土が落ちていました。

  

一番心配なんだけど、見たくないような所。

  

  

昨年、リホームした水周り

  

     壁が少し歪んでいた。

  

これだけで済んで良かったがね」と、声を掛けられる。

  

     確かに 。 。 。 。 。

  

  

しんそう越後に戻り、片付けを始める。

Dscn2367   

   

   

  

   

白い粉くずに掃除機もオーバーヒート気味。

  

小千谷の元患者さんから電話が ・ ・ ・ ・ ・

「怖かった、でも大丈夫」

  

今なら電話が通じることが分かり、

小千谷や柏崎の患者さんへ連絡を取ってみる ・ ・ ・ ・ ・

 

小千谷の方は、余り被害がないという。

  

柏崎の方は、家の中がひどいらしい。

  

     心配です。  

  

  

途中3時半ごろ大きな余震が ・ ・ ・ ・ ・

 

一通り片付いた。

  

  

余震のために

棚のもの、掛けてあるものを下に置く。

  

パソコンも外してマットの上に。

  

“ どうか明日は、

     ここで「しんそう」が出来ますように!”

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

気になるお店

   

十日町から柏崎への行き帰り。

  

前から気になっていた ・ ・ ・ 

  

特に、お昼頃通ると車が数台、数人の列が出来ています。

 

  

ある時、某市役所の車が止まり数人で何やら買っていました。

  

まさかここまで買いに来たわけではあるまいナ。  

  

 

そして、ついにその日が来ました。

  

一旦は通り過ぎたものの、やはり気になって引き返しました。

  

そこは、

国道252号線の中鯖石郵便局とローソンの間にある

  

          「鳥とく」さんです。

  

  

これまた某市役所関係の車が先に止まり、注文していました。

  

Dscn2317   

  

   

   

   

   

      

唐揚がグラム80円

     ・

     ・

     ・

焼き鳥が ・ ・ ・ ・ ・ な ・ な ・ なんとナンと30円!?

  

Dscn2318_1   

   

   

   

   

   

   

  

棚を見ると、既に「砂肝」は完売です。

  

  

とりあえず、唐揚を注文してみました。

  

30円の焼き鳥。

  

お肉も大きく魅力的です。

  

5~6本ありました。

 

「注文しようかな」と思っていたら何やら「焼き鳥」に視線を感じます。

  

  

女性の念が伝わってきました。

  

案の定、

女性はすかさず「焼き鳥全部頂戴!」

  

買い物では女性にかないません。

   

  

500グラム400円です。

Dscn2322    

    

   

   

  

少し歯ごたえのあるお肉で美味しかったです。

  

量が多かったので、

妹夫婦に半分分けみんなで頂きました。

  

  

今度は「焼き鳥」をゲットしてきます。

  

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月12日 (木)

もうすぐ夏がやってくる夜(よ)

   

早くも登場!

Dscn2312   

   

   

Dscn2313   

   

   

   

Dscn2311     

    

   

    

  

今話題の「中国製」線香花火?

すぐに玉が落ちてしまいます。

  

   

     蛍です。

Photo_31   

   

   

   

  

          どこに居るでしょう?

  

家の近くでも5匹ほど見かけました。

  

少し離れた所では、

車のウインカーを点けると湧いたように光が飛び集まります。

  

デジカメで狙ったのですが、残念ながら良く撮れません。

   

で、

家にもホタルが2匹居たので撮りました。

   

良く撮れています。

Dscn2315     

   

    

   

    

   

   

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ夏がやってくる

   

緑のじゅうたん

Dscn2319     

    

   

   

   

   

  

光の加減でいろんな色に変わります。

Dscn2320    

   

   

   

   

   

  

時折、風が田んぼに姿を見せてくれます。

   

  

トンボが飛んでいます。

   

「ジジーーッ」と蝉も鳴き始めました。

   

家の中では「ババーッ」と姪っ子が呼んでいます。

    

        家は一年中夏の賑やかさです。

     

   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

七夕

   

先週末は「七夕」でしたね。

  

ここ十日町でも毎年、駅通りに大きな飾りが並びます。

   

いつもは車の窓越しでしか見たことが無かったのですが、

今年は姪っ子たち家族にかたって行きました。

               (一緒に)

  

今年は、イルミネーションがLED(発光ダイオード)

Dscn2283    

    

   

   

    

   

  

   

   

   

  

フラッシュ無しでは ・ ・ ・ ・ ・

Dscn2281_1    

    

   

    

    

    

    

      

   

   

   

近くで見ると ・ ・ ・ ・ ・

Dscn2288     

    

    

    

    

    

  

浴衣や作務衣を着た人が結構居ましたね。

やっぱり祭りは、この姿が一番似合います。

   

    

で、自分はどうかと言うと ・ ・ ・ ・ ・

仕事から帰って着替える間もなく、

  

     「しんそう着」のまま。。。。。

  

ジャージで、指の靴下に「ござサンダル」

  

     ちょっと浮いてましたかね。

  

それでも冬場は、

作務衣で「しんそう療方」させてもらっています。

   

  

道路の両側にあるアーケード下には、

十日町にある幼稚園、保育園の子供たちの可愛らしい願いが書かれた短冊が、ずらりと並んでいます。

Dscn2277     

  

   

   

   

確か姪っ子の願いは、

花屋さんになりたい」だったかな?

  

   

どうか、

   子供たちの願いが叶う

      いい世の中でありますように!」

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 6日 (金)

お久しぶりで

        

連日の雨模様で、空はいつもグレイ

  

     梅雨だから当たり前か。。。

  

  

しかし、昨日久し振りに日が射しました。

  

  

お日射しぶり!

0775    

   

   

   

   

  

午後の3時をまわる頃、

2階にある「しんそう越後十日町」の部屋は

  

   一気に

  

          夏モード!

  

0775_1   

   

   

   

  

 

太陽光のエネルギーは凄いですね。

温度計の針が振り切れそうです。

  

湿度が少ないためか、暑いけど

  

     「気持ちいい!? ・ ・ ・  」   

   

  

それも束の間。

  

日がかげり、

涼しい風が吹くと一気に気温が10度近く下がりました。

  

4時に来られた方に話をすると、

  

     「えっ、そんなに!」

  

と言ったかと思うと、

「しんそう方」を受けている間に夢心地になっていました。

  

  

ゆがみも改善され、

また元気になって職場での活躍を願っております。

  

  

今日の十日町は爽やかな天気でした。

  

ところが、

同じ日本でも九州などでは大変な豪雨で、大きな被害が発生しているようです。

  

お昼のTVで熊本の状況を見ましたが、とても恐ろしい映像でした。

  

  

そうかと思えば、

雨が少なく水不足が心配されている地域もあります。

 

日本に限らず、

気候や生態など地球の様々なバランスが崩れているようです。

  

  

これらのバランスを変えるには、自分一人では出来ません。

みんなで出来ることには協力し、時には甘い生活環境を我慢しなければいけませんね。

  

  

ゆがみ は、身体のバランスが崩れている状態です。

  

幸いなことに、このゆがみ は「しんそう方」で改善することが出来ます。

  

  

そう、

あなた自身で取り組める最良の道があります。

  

  

すぐには解決できない問題である地球という大きな環境が悪くなっている今、

  

その場で身体のゆがみ が改善する[しんそう方」をもって、

せめてあなた自身の身体という小さな環境を整えることで、

つらい症状や不安を取り除き、

何事にも前向きに取り組んでいけるよう

お手伝いが出来ればと思っています。

    

詳しいことは、こちらから ↓

     

     中間法人  しんそう方之会

     http://www.shinso-therapy.com/

     

   

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年7月 1日 (日)

梅雨の朝は・・・

    

デ ン デ ン ム シ ム シ

     カ タ ツ ム リ !

Photo_28    

    

   

   

   

右巻き!

  

  

Photo_29   

   

   

   

 

これまた右巻き!

  

日本産は、ほとんどが右巻きだそうです。

  

 

夜のカエルじゃないけど、

          あっちにも こっちにも ・ ・ ・

  

  

  

静かな朝に、ピッタリな動き。

   

  

ホントは、陸貝(=陸に棲む巻き貝類)だそうです。

     

  

こちらは、

       「愛し合ってる貝」

Photo_30

  

   

   

   

  

      

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »