« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

卯月を迎えた十日町・・・中旬編

    

十日町でもようやく満開の時期に・・・

    

十日町市立南中学校のグラウンドにて。

Photo_10   

   

   

  

  

   

   

  

       

僕らが生まれる以前から、

いつもここから南中生を見守ってくれています。

Photo_11     

        

          

         

    

  

  

いつものしんそう越後十日町前。

十日町市立川治小学校では、なぜか?というよりも、

いつものように上で紹介した南中生が遊んでいます。   

 

夕日に照らされて、校舎が 桜色に染まっています。         

Photo_12     

     

        

         

 

中学生たちが跳んでいるタイヤ。

小さいときは、大きなタイヤが飛べなかったなぁ~。        

    

それにしても今年は、桜の花のつきが悪かったようですね。

下半分にしか花をつけていなかったりと、全体的に花が少なかった。

鳥に食われたか?小雪が影響したのか?

  

  

最後は仕事の帰り、前から気になっていた遠くで照らされている桜

「どこだろう?」とある日、見に行きました。

そこは川治保育園。

   

何人かが夜桜見物してました。

    

     綺麗なものに導かれ・・・・・  

          Photo_14   

      

       

        

        

       

花は、人を癒してくれる。

自然の美しさには、何物もかなわない。

    

では、人の自然な姿・美しさとは・・・・・   

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

卯月を迎えた十日町・・・上旬編

  

   

Photo_1   

  

  

  

  

  

          もうすぐ出番   

     

Photo_2   

  朝日を浴びて

  

Photo_3   

   

   

   

  

   

       さすけ殿、何を思う・・・・・

   

Photo_4   

   

  何て花だろう?

    

    

Photo_5   

  

  

 

    

  

    

4月8日、ようやく(新)普通タイヤに交換できました。

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

感謝します

   

先月の彼岸入りの日、家族が交通事故に遭う。

幸い、命には別状ナシ・・・・(足の骨折)

   

続いて彼岸が明けて3日後に、家族が救急車で病院へ。

まさにドラマのような台詞を医者から聞くこととなる。

  

一夜を明かし、幸運にも峠は越える・・・・

ただ、それからは今まで通りの生活は出来なくなった。

仕事の合間に、出来る限りの家事と病院通い。

  

その後、重大な病気が隠れていたことが判明した。

   

それでも、お陰様で先日退院することが出来ました。

今はそれぞれが身体の調子を見ながら生活している状況です。

   

そんなこんなで、HPやブログの更新が遅くなっていました。

  

   

続けて起きた不幸?に振り回されましたが、

今は、命ある事に感謝します。

   

もうしばらくして落ち着いたら、

みんなで御先祖様にお礼に行きたいと思っています。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

柏崎から十日町へ

  

出張を終えて十日町に帰ります。

天気も少し良くなってきました。

   

前から気になっていた建物があります。

それがこれです。

Dscn1730_1   

   

   

   

   

  

もともと湿地帯で地盤が悪いところに地震が来てこの姿に。

マウスを合わせて拡大すると、よ~く分かります。

   

ちなみに、人は住んでいます。

   

器である身体がゆがむと、中に収められた臓器の働きがおかしくなることは、「しんそう療法」では承知の事実であり、またその器である身体の姿、形をなおすことで改善できることも多数報告があります。

  

ここに住んでいる人たちの健康状態が一体どうなっているのか?

とても気になるところです。。。。。。

   

さて、しばらく走るとまた見つけました。

Dscn1732    

   

   

   

   

   

川岸に幾つも見える穴らしきものが何なのか?

これまた、とても気になるところです。。。。。。

  

途中峠の脇道から上ってみました。

「山中」という所に行く道です。

Dscn1733_1   

  

   

 

    

  

Dscn1734_2

   

   

  

   

 

  

  

雪がちらついてきたので下りることにします。

  

道の駅「せんだ」でトイレ休憩。  

Dscn1735   

  

   

    

   

  

   

Dscn1738   

  

  

   

  

  

雪まつりのイベントが行われた橋です。

Dscn1736_2   

   

   

  

   

      

さあ、あと少しのところまで来ました。

Dscn1739    
   

   

   

   

   

    

行きと帰りは、出来るだけ同じ道は通りません。

右に曲がらず、直進します。

  

上野の交差点。

ここを右に曲がれば、「しんそう越後十日町」まで10分くらいです。

Dscn1741_2   

   

  

  

   

   

お陰様でこの日も無事に帰ることが出来ました。

感謝します。

  

また、長い話に付き合っていただき、

ありがとうございました。

    

   

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

十日町から柏崎へ 4

   

3月最後の更新から、丸一ヶ月が経ちました。

サボっていたわけではありません・・・・・。

    

いろいろありまして・・・・・

   

     ホントに色々ありまして。。。。。

  

しんそう療法の出張のため、とにかく柏崎に向かいます。

  

道中の白い世界・・・・・

今の時期、写真でしか見ることが出来なくなりました。

ただ、周りの高い山はまだ白いです。

  

鯖石川に沿った大きなカーブを幾つか曲がると住宅地に入ります。

この先のカーブは見通しが悪く、車がよく止まっています。

スピードは抑えて安全確認!

Dscn1723_1

  

      

     

     

        

   

          

しばらく走ると、

右カーブ → 橋 → 左カーブと続きます。

決してセンターラインをまたがない様に!

たまに対向車がはみ出て来ますので 要注意!

Dscn1724_1

   

     

    

       

      

     

           

さらにカーブの連続を走りきると、住宅地に入り見通しも良くなります。

     

・・・と、今度はシケイン

手前でグッとスピードを落とします。  

大型同士は、スレ違えません。

だから手前で片方が止まり道を譲ります。

    

ですから、この辺では急いでいてもあまり大型の後ろにくっつかない方がいいでしょう。

その先の追い越し車線に入るまでじっと 我慢です。

    

        左 → 橋 → 右に

Dscn1725_2

   

  

   

  

    

    

PM1:40ごろ

     

追い越し禁止から車線が変わりました。

見通しの良い直線道路。

ただ雪がなくなるこれからは 要注意です。

白バイ が手ぐすね引いて待っていますから・・・

Dscn1731_1

     

    

       

  

 

    

          

1.3キロほど走ると、また追い越し禁止。

  

一段と細くなった住宅地の道をぬけると、

昔から思っていた「柏崎に来た」という光景が目に入ります。

右側にあるこの緑のタンクが。

Dscn1726_1   

  

 

  

 

  

   

安田の交差点を左に曲がり、国道252とお別れです。

目的地まであと少しです。

なんとか間に合いそうでよかった。

Dscn1728

        

      

         

          

   

      

                           

右手には国道252と信越本線が見えます。

Dscn1729_1   

   

   

  

  

 

  

帰り道、

おまけの写真も撮りました。

   

     あと少し、つづく・・・・・

   

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »