« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

雪の無い雪国十日町から発信

   

コタツでの長い時間を過ごすために・・・

   特に、ご飯を食べるとき

   

正座が出来れば一番いいですが、長い時間は無理な方、膝の具合が悪い方は座布団などを二つに折るなどオシリを高くして「あぐら」をかくと、腰も自然と伸び座りやすいと思います。

コタツ掛け布団であぐらをかく足が隠れますから女性も大丈夫です。

   

   

さらに、「しんそう療法」で身体のゆがみをなおしていくと、膝のお皿(膝蓋骨)の粉砕骨折でボルトやらワイヤーなどで整形外科的に治療を施し完治したものの、正座が出来ないという問題が数回の調整で正座が出来るようになりました。

この女性は「腰痛を治したい」と来られた方です。

しかし、「しんそう療法」では「腰痛」は一つの現象としか捉えません。

なぜなら、「しんそうの検査」で「腰痛」を引き起こす原因が「ゆがみ」であることが分かるからです。

    

4193_4 561_5                                      

      

       

         

      

          

なおる過程には個人差がありますが、身体のゆがみ」をなおす思いがけない凄いことまで起こります。

    

    

身体って本当に凄い回復力を持っています。

   

そのためには、「しんそう療法」でゆがみを取り、

             

身体を本来の形「左右対称」にすることが「健康への近道」です。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年2月26日 (月)

雪のない雪国十日町

    

雪が無い!

    

07226window

  

   

   

   

  

去年暮れから今年にかけて屋根の雪下ろしをしましたか?

一回・・・、標高の高いところで2回でしょうか?

それも膝から腰ぐらいの高さ。

   

雪かき、雪下ろし・・・・、雪掘りだとちょっとなんぎ過ぎますが。

     

ある意味、冬場の大切な運動である「雪ごたっく

     

それが、今年は雪が少ないので様々な仕事も少なく、

家でコタツに入り座っている時間が長くなっています。

   

掘りゴタツは、寝るにはしんどいですが座るには足を下ろしているのでとても楽です。

今では椅子用のコタツも出回っているようですが、大半が足を伸ばす格好になります。

     

その格好は長時間座っていると腰が丸くなり、大腿の裏から膝がしんどくなります。

  

   

   運動不足で姿勢が悪い。

   

今まで何ともなかった人でもそうですが、以前腰や足に痛みやしびれが出た人は症状が強くなったり再発したりします。

   

「何もしていないのに・・・」と言います。

    

そう、

   何もしていない。

  

しかし、

  

身体は立っていても、座っていてもその姿勢を保つために筋が骨格を支えています。

  

   

真っ直ぐ」に立っている丸太ン棒と、少し「かしがった」丸太ン棒。

    

あなたはどちらを少ない力でより長く支えることが出来ると思いますか?

   

かしがった丸太ン棒は倒れようと重さがかかってきます。

力が要ります。

   

身体も同じことが言えます。

しかも、支えながら手足を動かしたりしているんですから絶妙なバランス感覚だと思います。

    

そのバランス・・・

 

自分の勢いであえて揃えるバンザイ、ヨロヨロした不安定な身体ではなく、ゆがみを検査し「しんそう療法」にて自然に無理がなくバンザイが揃い、しっかりと真っ直ぐな姿勢を取り戻せば、つらい症状もやわらぎ自然と快方へ向かいます。

  

今日も大きな力の要らない「しんそう療法」に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何処へ・・・

5時半頃、ふと外を見ると気持ちよさそうに飛んでいました。

07226airplane_1  

 

 

 

 

 

 

この辺りは飛行機の通り道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の十日町・・・???

  

去年は、250cm

今年は、たったのじゅうごせんち

07226child_1       

   

       

        

         

         

        

  

スキー授業も雪がなくて早々に終わり。

  

暖かい・・・・・

   

これでいいのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月17日 (土)

十日町雪まつり

仕事が終わってから出かけてみました。

9時近かったにもかかわらず、コミュニティー広場(十日町高校グラウンド)には多くの人がいたようで、駐車場が満車となっていました。

そこで「面白い物はあるかな・・・」と駅通りから上り、高田町通りを下ると何やら可愛げな雪像がいくつかありました。

Yukianimal_2  

 

 

 

 

 

 

  

いろんなテーマの「雪だるま」がありましたよ。

Yukidaruma_3       

         

         

         

         

          

          

           

            

          

           

          

    

  大きい雪像もいいけどYukidaruma2_3

  

    

       

    

      

  これは可愛いですよね       

         

今夜18時より十日町小学校横にある城ヶ丘にて、「雪上カーニバル」が行われます。 

布施 明さん、水森かおりさん、北山たけしさんらによる「歌謡ショー」や「きものショー」に、「よさこい」や「チアダンス」などが観られます。

「とってもオラぁ あこまでいがんねぇや」(とても私はあそこまでは行けない)という方は、最後の花火(19時半ちょっと前から)のと、身体に響き渡るを楽しんでみては・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

め組の雪?

本日10cmほどの積雪。

日が沈んでからは、津南や湯沢で積もっているようです。

      

明日からここ十日町では「雪まつり」です。

「め組のひと」ならぬ、「恵みの雪」となりますか?

ちなみに「暴れん坊将軍」ではありません。

    

若き世代の方のために一応触れておきます。

唄うは「ラッツ&スター」

    

それにしても風が強い!

窓を閉めていても風が入ってきます。

地震で壊れた仕事場の壁が「ギッ、ギイーッ」とうるさいです。

      Pm_4

  

      

         

       

    

時折強く吹雪く中、小学生が帰ってきます。

今日は「雪像作り」が予定されていたそうですが、この吹雪で中止になったとか。。。

   気ょつけて けえらんだぞ!

    

Kyotukere         

   

    

     

   

     

  

           

横殴りの吹雪・・・・・

なんだか樹も寒そうに見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

雪恋し

     

おい(自分)の好きな雪遊び!

Photo_9

    

    

   

    

    

      しかし、

     少ないなぁ

Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

晴れた空、そよぐ風

今日は、ホントにいい日でした。

        

今朝、車のライトの消し忘れを教えに来ていただきました。

お陰でバッテリーも上がらずにすみました。

感謝します。

    

嬉しい報告もありました。

    

来られている方のお孫さんが合格!

しかも「祝い酒」まで頂いてしまいました。

ありがとうございます。

     

これで安心ですね、よかったよかった。

Dscn0368

    

    

    

     

     

    

     

         

昨日も今日も、

腰を痛める方が続いています。

     

とても辛そうです。

タオルを手に取るしぐさが痛々しかった。

    

ある方は昨日、そして今日と連続で「しんそう」を受けていただきました。

かなり かしがった(傾いた)方でしたが、

検査をじっくり、操作はゆっくり!

   今日は20分ほどの調整。

少し休んでから起きてもらうと、動くたびに「痛てっ!」と言っていた方が静かに真っ直ぐ立ち上がりました。

あとは「からだ」に任せて休んでもらえれば・・・

      

朝晩と日中の温度差が激しく、「暖かい日が続いたかな・・・」と思えば、急に冷え込んだりします。

くれぐれもご注意を!

    

それにしてもおかしな陽気ですね。

今週末は雪祭りだと言うのに。。。。

    

先月で比較すると、去年より平均気温が 2℃ほど高いようです。

今月は、今日までに限って言えば・・・・・

   去年の最高 6℃に対し、今年は 10.5℃

   最低 -11.4℃に対し、-6.7℃

         

2月の平均気温がどうなってしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

くたびれた

    

もうすぐお家だな・・・    

              

Dscn0532_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころもポッカポカ

このブログがヤフーのキーワード「しんそう」で検索すると20位くらいに入っていました。ちょっとビックリしましたね。

      

さて、こないだ出かけたときンの話です。

白く雪に覆われた田っぽン中の直線道路、前後に車が数台走ってました。

間もなくT字路へ。

なにやら車が数台止まってます。

「何事か?」と、交差点を曲がり始めて分かりました。

      

反対側にも軽自動車が止まっています。

どうやらタイヤを側溝に落とした模様です。

数人の方が周りに居ました。

        

すると前を走っていた車が左に、

僕も左に、

さらに後から来た車も左に車を止めました。

         

前輪が完全にはまってます。

聞くところによると後ろも落ちたとかで、さっきながた上げたとか・・・

      

冬場は「もしものために・・・・・」と、

いつも入れとくゴム手を装着!

    

「よっしゃ!」とばかりに上げたども、軽とは言え前輪側はエンジンが重たくてビクともしね。

そこで一人が車に乗り込みハンドルをめいっぺきって持ち上げながらゆっくりバック。

    

     動いた!

     上がった!

        

と同時にサッと数人の男しょは自分の車へ

落とした車の女性であろう人がそれぞれの車に御礼を言う中、一台ずつ走り去っていきました。

        

照れなのか、でも心あったけえ光景だったて。

          

帰りン、そこを通ると跡が残ってたんだんが撮ってみましたて。

    Dscn0490                      

     

      

      

       

     

Dscn0489_1

  

     

     

     

     

       

                

      

雪国では、町中は大じょぶだども道路の側溝にフタがねんだんが気をつけねえと。

あんまし端によらね方がいいすけんの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

続 道しるべ

まずはHPの更新が上手くいかず、ご迷惑をおかけしました。

昨日から粘ったのですが、解決に至らず朝を迎えてしまいました。

本日午前11時にHPソフト・サポートの方からのアドバイスで無事に更新ができました。

http://www.moeyo-shinso.com

               

素人としてはまたひとつ学ぶことが出来ました。これも「道草」と言えるでしょうか。

とは言え、約束を守れなかったこと申し訳ありませんでした。

   

      

では、昨日の続きを話したいと思います。

「しんそう」は、来た方に対して従来の医療や各種整体、療法と違い症状を追いかけません。

       

   「しんそう」は自然の法則からなる 左右対称の形 にこだわります。

          

   分かりやすく言えば「ゆがみ」です。

それもただ「曲がっている」とか、「短い」とかというレベルではありません。

           

解剖学に基づいた「ゆがみ」を分析する検査があり、「ゆがみ」をなおす手法があります

ですから必ず最初に検査をして分析、最後に検査をして確認します。

ここが他とは大きく違うのです。

       

病院でも必ず検査をしますよね。

そして経過を診て、また検査をしますよね。

それと同じです。

      

ただ、「しんそう」が病院と違うところは症状にとらわれない。

見えない症状ではなく、見えるもの。

   

それは・・・・

       

「からだの形」、「左右対称の形」にこだわります。

なぜなら、それが自然の法則からなる「」だからです。

その「形」は無理がなく自由に動け、からだの機能を最大限に活かすことが出来るのです。

      

厚木鳶尾の先生から凄い症例が届いています。

これが「しんそう」の凄いところであり、誰もがもって生まれた回復力です。

下のブログから写真をどうぞご覧下さい!

            

写真をクリックすると変化がもっと良く分かりますよ。

http://blog.livedoor.jp/dryuuri/archives/51970579.html            

http://blog.livedoor.jp/dryuuri/archives/51842687.html

このほかにもいくつか報告されていますので是非開いてみて下さい。

         

あなたのために一筋の光が届きますよう。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

道しるべ

      

繊維筋痛症、ムコ多糖症

今朝、二つの難病のことを知りました。

みなさんはご存知でしたか? または、TVを観ましたか?

            

   ムコネット:http://www.muconet.jp/

     

       

   病気を治す

     

最新の西洋医学でないと対処できないことがあります。

また、そのための研究もされています。

しかし、未だに研究や補助の対象とならない病気もあります。

            

   「しんそう」がそれらの難病を治せるか?

             

僕が言うのもなんですが、「魔法」ではありません。

ですから「絶対に治る」とは言えません。

しかし、たくさんの症例が発表されています。

          

それもお医者さんが驚くような結果が・・・・・

大学病院で成長ホルモンの分泌量が全く検出されていなかった120cmの子供さん(小学6年)が「しんそう」を受け数値が26(正常値平均15)になったこと。

膠原病の方で、両手指が化膿し包帯だらけ。「しんそう」を受け続け4ヵ月後にはその包帯も取れ水仕事が出来るまでに回復。

白血球の数が極端に少ない方が「しんそう」を受け、数値が大きく増えたこと。医師はもちろんですが、一番驚かれたその方は「しんそう」を学ぶようになりました。

その他にも脳梗塞を起こし後遺症で片麻痺となった方が、「しんそう」を受け続けてから手足の動きが良くなったり、自閉症やダウン症の子が落ち着きを取り戻したりと、腰痛・肩こりはもちろんですが、たくさんの症例が毎月研修会で報告されています。

それぞれからだの質や環境が違いますので良くなる期間は違いますが、「しんそう」を受け続けることで エッと思われることが起きます。

      

   「難病が治る」とは言いません。

        

しかし、症状にとらわれた現代医療や各種整体・療法とは

   しんそう」は全く異なるものです。

            

それは「しんそう」が自然であり、自然とは私たちが想像し得ない神秘の力を持っていること。

      

   それにはからだを自然と調和できる本来の形

             ↓

      「左右対称」にすることです!

              

悩んでいるあなたにとって少しでも一筋の光となれば・・・

Dscn0493

           

           

        

     

     

      

      

     

                 つづく・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 3日 (土)

ポッカポカ

昨日とは打って変わって晴れました。

気温も4~5℃高い陽気です。

余り急激に気温が上がったり下がったりすると、身体の調子が悪い方はすぐに影響されてしまいます。

                 

身体には、生まれてからの情報やリズムが刻み込まれています。

地球温暖化のせいもありますが、四季リズムのズレや記録的な異常気象が多い中、身体のリズムと誤差が出てきます。

               

ですから、これから迎える春のお彼岸頃は要注意です!

        

身体は意識レベルでも春モードに入りますが、時たま気温が一気にグッと下がることがありますから気をつけないと。

また、身体が準備段階なのに意識だけが春モードでいきなり無理をしてもいけませんね。

      

さて、そんな陽気に連れられ空き時間に出掛けてみました。

Dscn0479  信濃川です。

  あったかげでしょ

 まいで春だて・・・

 いいあんべだの~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

雪の降る町よ

これでいいのだ。

   

今年一番の寒気!

昨日の同じ時間帯からみると+30cmで積雪が70cm?

      

まずは朝仕事、久し振りに駐車場前の雪かきからスタート。

除雪車が踏んだ雪はカタイ、カタイ!

キーを打つ手が軽く震えています。

      

この雪、少しは雪まつりにも貢献できるでしょうか。

雪国には雪が無いと雪国としてやっていけません。

      

雪かき雪下ろしは大変ですが、雪の恩恵を受け雪解けには山々に山菜が生えたり、田畑に山からの水が流れたり。

何より雪に耐えた分、春の暖かさ、綺麗な草花に癒されます。

こればっかしゃ、雪国でないと味わえない感動です。東京に居た頃はこれが全くなかった。

       

季節を味わえる。山々の恵みを味わえる。

そんな十日町の自然に感謝、感謝。

               

頑張れ、小学生!雪に負けるな!

Dscn0477_3

      

            

       

        

           

              

                 

          

今は苦しいけど、きっとわかるよ。

   

大人になって、

     

苦しかったことがいい思い出に。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

ちんころ

少し前ですが「節季市」に行ってきました。

Dscn0423Dscn0421毎年1月の5、10、15、20、25日に開かれる冬の名物!

国道117から氏神様である諏訪神社に向かう狭い道路には、農家の方が冬の副業としてワラや竹などで作られた笠やかんじきなどの生活用品から民芸品、地元の食材に子供たちが喜ぶ露店が立ち並びます。

                  Dscn0422_2  

       

            

  

      

      

中でも人気なのがこの「ちんころ」

Dscn0473_3米の粉をねってひとつの塊から形を作り、食紅で綺麗に仕上げるそうです。

昔から作られた職人さんたちは引退したそうで、今は二つのところがその技を引き継ぎ毎年出されています。今年も「ちんころ」を求めて多くの方が並び盛況だったそうです。

形は様々、子犬や干支などが主で他にも色々あります。なんでもこの辺では子犬のことを「ちんころ」と呼んでいたそうで・・・・・

       

節季市はもう終わりましたが、「ちんころ」は今月17-18日に開催される「十日町雪まつり」でのとある会場にて販売されます。詳しいことはこちらで聞いてください。

 http://www.tokamachikankou.jp/58yuki/index.html

        

「ちんころ」は昔から魔除けや縁起物として玄関などに置いておきます。

乾燥するとヒビが入るのですが、そのヒビが福を呼ぶとかで。

  

でもここにあるのは物凄いことになっています。

ここにはそんなに凄い○魔が居るのか、それともたくさん福が舞い込むのか?

Photo_8

ある時、「ピキッ!」と乾いた大きな音と共に散乱しました。

右は確か「ウサギの餅つき」のはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »