« 道しるべ | トップページ | こころもポッカポカ »

2007年2月 5日 (月)

続 道しるべ

まずはHPの更新が上手くいかず、ご迷惑をおかけしました。

昨日から粘ったのですが、解決に至らず朝を迎えてしまいました。

本日午前11時にHPソフト・サポートの方からのアドバイスで無事に更新ができました。

http://www.moeyo-shinso.com

               

素人としてはまたひとつ学ぶことが出来ました。これも「道草」と言えるでしょうか。

とは言え、約束を守れなかったこと申し訳ありませんでした。

   

      

では、昨日の続きを話したいと思います。

「しんそう」は、来た方に対して従来の医療や各種整体、療法と違い症状を追いかけません。

       

   「しんそう」は自然の法則からなる 左右対称の形 にこだわります。

          

   分かりやすく言えば「ゆがみ」です。

それもただ「曲がっている」とか、「短い」とかというレベルではありません。

           

解剖学に基づいた「ゆがみ」を分析する検査があり、「ゆがみ」をなおす手法があります

ですから必ず最初に検査をして分析、最後に検査をして確認します。

ここが他とは大きく違うのです。

       

病院でも必ず検査をしますよね。

そして経過を診て、また検査をしますよね。

それと同じです。

      

ただ、「しんそう」が病院と違うところは症状にとらわれない。

見えない症状ではなく、見えるもの。

   

それは・・・・

       

「からだの形」、「左右対称の形」にこだわります。

なぜなら、それが自然の法則からなる「」だからです。

その「形」は無理がなく自由に動け、からだの機能を最大限に活かすことが出来るのです。

      

厚木鳶尾の先生から凄い症例が届いています。

これが「しんそう」の凄いところであり、誰もがもって生まれた回復力です。

下のブログから写真をどうぞご覧下さい!

            

写真をクリックすると変化がもっと良く分かりますよ。

http://blog.livedoor.jp/dryuuri/archives/51970579.html            

http://blog.livedoor.jp/dryuuri/archives/51842687.html

このほかにもいくつか報告されていますので是非開いてみて下さい。

         

あなたのために一筋の光が届きますよう。。。。。

|

« 道しるべ | トップページ | こころもポッカポカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/206736/5216323

この記事へのトラックバック一覧です: 続 道しるべ:

« 道しるべ | トップページ | こころもポッカポカ »