トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

健康という宝の地図

初めまして、にいにいと言います。

  

健康とは?を求めて25年余りが経ちました。

それはいつしか自分だけに限らず、今ではたくさんの困っている人にも健康へと導くための仕事をしています。

私もですが、人はなかなか思うように前へと進むことが出来ません。真っ直ぐにわき目も振らずに歩めばいいものを、周りや情報に振り回されてついつい遠回り。

それは、まるで小学生が「道草(みちくさ)」しながら、なかなか家にたどり着けない状況に似ている気がします。時間を気にするわけでもなく、家で待つ家族の心配をよそに道草。友達と別れ、ようやくそれぞれが家に帰ることが出来ます。

    

   道草・・・・・

それは、まるで人生と同じかもしれません。

最後は一人、帰るべきところに帰ります。

真っ直ぐに帰れば時間も早く、それだけ家で何かをするのに良いかもしれません。

しかし、道草は決して無駄ではありません。

   

   「道草」しなければ見つからないもの。

   「道草」しなければ触ることが出来なかったもの。

   「道草」しなければ感じることが出来なかった思い。

   

   時には失敗もするでしょう。

例え時間をかけても目指すところ、目標があればその足は止まることなく前へ進むことが出来ると思います。

それも学びであり、経験できたこと。さらにそれを活かすことが出来れば無駄ではないと思います。

   

「健康への道」はたくさんあると思います。

これだけひとつしておけば「大丈夫!」というものではありません。

今、話題の納豆がいい例です。

TVにのせられて納豆嫌いの関西方面でも品不足になったとか・・・・・。その後の経過についてはみなさん報道等でご存知かと思いますが。

しかし、改めて納豆というものに注目が集まり、納豆の価値を認識できる機会ではなかったでしょうか?何より納豆嫌いの人が今回のことを乗り越え食べられるようになるといいですね。

もうひとつ、あえて言うなら最後の放送!?となった「がんを抑える○○」とありましたが、これ一品というのは当然ありえなくて○○は野菜!

予想通り、時期的にもふさわしい「鍋が一番」と締めていました。

とは言え、まさにつぎつぎと発掘されるあるある報道には、みなさん得できませんね。

   

数ある健康番組で、「あれが良い、これが良い」と言っています。

     それらは、日本食

       食材は、身のまわりのもの

         たまに欧米化!したもの

    

   日本の食事・・・・・

その地方、その季節にあった食材をその土地柄の味付けが一番おいしく身体のあっていると思います。(あんまり濃いのはお勧めできませんが) 昔のと言っては失礼ですが、そんな日本食を大事にしていきたいですね。

外国に行かれる方がよく日本から納豆や梅干などの食品を持ち込むというところや、去年こちらで「大地の芸術祭」がありましたが、人気スポットとして「願入(がんにゅう)」での地元料理に凄い車の列が出来たそうです。永きにわたり受け継がれてきた日本人としての食の原点なるものが懐かしく思えたのかもしれません。

話がちょっとそれましたか?これも道草とでもいいましょうか。

    

   健康への道・・・・・

みなさんには自分に必要な目指すべき道がありますか?

運動、体操、食事、癒し、各種整体、各種療法・・・瞑想。。。。。。それともまだ見つかっていませんか?

    

   私には地図があります。

この地図は、25年前にさかのぼって健康とは?を探し、あれこれ試してようやく探し当てた!というよりも、運命的に手に入れることが出来ました。今の仕事は、つらい症状で来られる方をその地図を頼りに健康へと導く毎日です。

もし今までに「何をやっても良くならない、変わらない」という方。

一日でも早く「本当に良くなりたい」という方は、こちらをご覧になって下さい。

     http://www.moeyo-shinso.com

     何かひとつでもお役に立てればと思います。

最後に、

今回は自己紹介を兼ねてカタイ文面でしたが、次回は写真なども載せさすけと共に身近な「道草」報告をしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

一緒に歩こう 健康への道!

初めまして、柴犬の「さすけ」といいます。

にいにいと二人五脚(正確には一匹一人)でブログのスタートです。

おいらの仕事は、朝晩の散歩と寝ること。寝るといってもただ寝ているんじゃあございません。

世の中のこと、人間たちや動物たち、虫や花などを見ながら自然に生かされていることに感謝し、どうしたら良い生、ワん犬生を過ごせるか静かに目を閉じ、方法論を練っているんですよ、これでも。

にいにいはというと、人のからだをなおすんだと。

以前は家でやってたから分かるんだけど、今はちょっと離れたところでやってるから何してらんだか?

どうでもいいけど、遅く帰ってきておいらが寝てるのに起こすのだけは止めてくれる。

顔を見るまで「さすけ、さすけ」ってウルサイヨ。

にいにいのことは車の音、足音でちゃんと分かってんだから。

おいらの耳がそれを聞くだびピクピク動いてるでしょ。

おまけにニオイがするよ。ニオイというと臭そうだからフェロモンとでも言っておこうか。

あいにくそのフェロモンは悲しいかな人間の女性には分からんみたいだぞ。

可愛そうに、おいらの世界だったらモテるのになあ~。

今度、そのにいにいから話があると・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »